日本将棋連盟 庄内支部 > 歴史 > あつみ温泉・温海荘、その歴史
»

あつみ温泉・温海荘、その歴史

2017年 7月8日(土)~7月9日(日)あつみ温泉将棋大会が温海荘にて行われました。

温海荘の歴史
藩主の入湯は慶安二年酒井忠当の入湯が最初でその後歴代の藩主が入湯をたのしんでいる。
中でも忠真は在在足掛け四十九年間に六回の入湯を試みている。
「享保三年殿様被為遊御入湯御用留帳」によれば、
忠真は享保三年九月二十七日午後六時湯村に到着し十四日間の湯治を楽しみ、10月十一日帰城した。
御本陣は五郎八、御台所は又右衛門であった。
なお九月二十八日には奥方も湯村に到着、御宿左平治に逗留した。
女中方は作兵衛、御台所は長兵衛であった。
御宿五郎八は大正時代に近代的な「温海ホテル」に変わり、さらに平成に入り純和風の
「あつみホテル 温海荘」として歴史と伝統のある宿として多くのお客様にご利用されてます。

(温海町史 上巻 藩主の入湯より)
温海荘Webサイト http://atsumiso.com/

木造で趣を感じる古い旅館です。源泉掛け流しの極上の湯です。
温泉街を流れる温海川の底から湧き出た温泉が河口に流れ日本海を温かくしました。
それが温泉名の由来となっています。

温海荘
所在地
〒999-7204
山形県鶴岡市温海甲188

駐車場 20台(無料)
アクセス あつみ温泉駅から車で5分
総部屋数 13室

日本将棋連盟 庄内支部 > 歴史 > あつみ温泉・温海荘、その歴史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

»