大沢「大」文字まづり

8月18日は錦町将棋教室がありましたが、一旦帰宅して八幡に行きました。大沢「大」文字まづりが目的です。

山の草を大の字に刈り、LED電球で照らしているのですが、本物の火よりも安全で低コストで綺麗に光ります💡6時半過ぎた辺りで点灯しますが、自動で光ります。一気に光るのではなくて1個ずつ光るのがいいですね✨

地元の皆さんのゆるいトークショーを聞きながら点灯を見ました。発案者は「じょんざぶろう」という屋号の家の方ですが既に亡くなり、奥さんがステージに上がりました。

会場の大沢コミュニティーセンターは、元々大沢小学校でした。大沢の「大」ですが、学校生徒が大きく羽ばたくように願いがこもっています。

大沢地区は国道344号沿いにあり、真室川や金山に行く時に通り、漠然とは知っていました。小さな山村ですが、大いに盛り上がることに期待します!

尚、点灯は今月いっぱい行いますのでぜひ見て下さい💡🌃

Tooru_W

 




京田夏祭り

去る7月28日、京田夏祭りがありました。この日は錦町将棋教室がありましたが、会場のプレステージ・インターナショナル山形BPOガーデンに近く、時間もちょうど良く🕒、支部のメンバーを連れて行きました🅿

アランマーレの選手も参加しましたが、時間帯も内容も一切告げられませんでした。まさかファッションショーとは思いませんでした😍胸が張り裂けそうでした💕

目当ての選手と写真を撮らせてもらいました。カメラマンは支部のメンバーです📸

まずは田村愛美選手です。めぐちゃんがどんなファッションか気になっていましたが、思ったよりオシャレです😍167㎝ではバレーボール選手としては大きいとは言えませんが、一般的な女性なら十分なスタイルではないでしょうか✨めぐちゃんを初めて見る方はバレーボール選手と思えないかもしれません(笑)川口市出身の埼玉ガールでファッションセンスがありますね💕

4月から副キャプテンになりました。ポジションはセッターですが、二人しかいません。ボールに触れるのが多くて指に負担のかかるポジションですが、地味さがあり職人的です。司令塔として頑張るめぐちゃんをこれからも応援したいです🏐✨

 

森寿実子選手は小柄でかわいらしくてセーラー服が似合いますね😍155㎝です。でも、すみちゃんは誰よりも強気で誰よりも熱い選手です🔥キャプテンにふさわしいですね!チームが出来て4年目ですが、唯一の創設メンバーです🏐鹿児島市出身ですが、まっすぐな性格で薩摩おごじょにふさわしいです💕芋焼酎もよく飲むそうです🍸

ポジションはリベロですが、守備専門で小柄な選手に向いているポジションです。サーブもアタックも出来ないので職人的です。リベロも二人です🏐

バレーボール選手ですから、ユニフォームかジャージしか見ることがありません。ですから、いいファンサービスだと思います✨ここまでして地域を元気にしようとしているのです🏐

動画もあります。こちらから見られます📹

8月17日から19日まで国体予選が宮城県利府町でありました。アランマーレは山形県チームとして出場しました。準優勝でしたが、本戦出場を決めました🥈愛する山形のために、戦えおらほのアランマーレ!!

Tooru_W




あつみ温泉の歴史

この度、あつみ観光協会温泉支部長の若松邦彦さんにあつみ温泉の歴史についてのお話を伺いました。

あつみ温泉の起源には諸説ありツルやキジが傷を癒しているところを発見したという説もありますが、かみのやま温泉をはじめ全国の温泉に動物が傷を癒すために利用していた等の話はありますので確実性に乏しいと考えます。

西暦849年(今から1150年前)に地殻変動(地震)があり、その際に色々な場所からお湯が湧き出たという説をあつみ温泉協会としては信憑性が高いと考えています。

その後、西暦1622年(今から約400年前)に庄内藩主酒井公が庄内に入部されました。その後このあたりに湯役所(ゆやくしょ)を設けました。湯役所はおそらく湯治客から税金を徴収していたと考えられます。湯役所ができると同時に宿屋が立ち並んだという記録が残っています。なので、あつみ温泉としての歴史は約400年であるとあつみ温泉協会としては考えています。

それからしばらく経ち酒井公(二代目から)があつみ温泉に毎年二週間ぐらいづつ湯治(とうじ)に来られるようになりました。ちなみに温海荘が殿様の宿になります。殿様の宿の他にも姫様の宿、御台所の宿などと分宿になっていました。それでちょうど温海荘の前がお湯が沸き出た場所、湯役所や御殿もあったようです。御殿は当時は茶屋店(ちゃやみせ)と呼ばれ日中だけ営業していて一般には宿泊施設ではありませんでした。したがって殿様は夜間に宿泊されたと考えられます。

殿様の宿は五郎八という屋号を持っており大正時代は「温海ホテル」と呼ばれていました。さらに平成に入り純和風の「あつみホテル 温海荘」として歴史と伝統のある宿として多くのお客様にご利用されてます。温海荘の玄関には酒井家17代当主酒井忠明公の書も飾られています。

あつみ温泉朝市の歴史は今から160年ぐらい前に始まったといわれています。当時の「あば」といわれる売り子の女性(あばというのはこの辺りの方言)が道路沿いで農産物などを売っていたのが始まりだと言われています。現在の場所(朝市広場)に移ったのは平成10年です。

温海の地名の由来は、前述の西暦849年の地殻変動の際にあつみ川の川底からも温泉が湧き出て海が一時的に暖かくなった事から温海と名付けられたと言われています。

昭和64年に「温海駅」を「あつみ温泉駅」と駅名を変更した時に「温海」の字を「あつみ」とひらがな表記にしました。温海という漢字は地元の方でないと読めない、そのほうが分かりやすいという理由からです。「あつみ温泉協会」もそうですが、それ以降ひらがな表記が多くなりました。

 




大熱戦!第4回あつみ温泉将棋大会

7月1日(土)にあつみ温泉温海荘にて第4回あつみ温泉将棋大会(日本将棋連盟庄内支部主催)が行なわれました。庄内でも最高気温31度にもなる暑さでしたが県内外から総勢18名が集結し盤上でも熱戦が繰り広げられました。今回はお子さんも8人参加され家族同士で遊んでいる姿も見受けられました。みなさん一日将棋を楽しんで頂けた事と思います。

今年も参加賞が小玉スイカ2個にバナナ付という訳の分からない位、豪華な大会です。









Aブロック決勝は渋谷和宣さんと鈴木潤さん。お二人とも粘り強い棋風で二転三転の大熱戦になりました。最後は渋谷さんが鮮やかに即詰みで寄せ切りました。

 

感想戦の模様。終盤も簡単に結論が出ない大熱戦でした。

右が鈴木さん、左が渋谷さん。(感想戦)

鈴木さんのコメント
最後勝ちを意識して冷静に対応できなかった。

大会の結果です。

Aブロック
優勝 渋谷和宣(鶴岡市)
準優勝 鈴木 潤(鶴岡市)
3位 永寿一郎(酒田市)

Bブロック
優勝 梶井哲行(村上市)
準優勝 菅 啓彦(酒田市)
3位 佐々木 理人(米沢市)

Cブロック
優勝 宇佐美 太(新潟市)
準優勝 菅原義聡(鶴岡市)
3位 安在康平(鶴岡市)

あつみ温泉将棋大会は今回が第4回として開催する事ができました。第1回の開催を発案したのは日本将棋連盟 荘内支部の最後の支部長であった、佐々木勇治さんでした。自分が賞品を全て用意するので開催してくれと言われ開催する事となりました。佐々木勇治さんは第1回の開催後に亡くなり、私がすべての負担と責任を持って行っています。
賞品については第1回の開催時と同様に丸果庄内㈱より調達しているので全てが青果物なのです。
第4回となり少しずつ広がりを感じるようになりました。
スポンサーとして手を挙げてくださる方をお待ちしております。
あつみ温泉将棋大会を継続して行われるシステムを構築して行きたいと思います。

【庄内支部 渡部】




鮭川村にも川口が

以前、埼玉の川口について書きましたが、鮭川村にも川口があります。名前の通り水が綺麗です。鮭川村は自然の質が違います。好きな地域で、よく来ます。癒されますね🌲✨この道路は国道458号ですが、車が少ないです。村内に信号は2ヵ所しかありません🚥🚥

(さらに…)




母校の貴重な映像

今年で夏の甲子園が100回大会になります。YTS山形テレビで高校野球の歴史の番組を放送していました。私の母校は酒田工業ですが、昭和52年に夏の甲子園に出ました。学校にビデオテープはありましたが、見せてもらえませんでした📼(笑)今回の番組で貴重な映像を見ることが出来ました。山形県の公立高校が甲子園で勝ったわけです。しかも母校ですから大変誇らしいです✨

 

  

山形大会の映像も流れました。こちらも貴重です✨

私が1年生の時、母校はベスト4まで上がりました。県野球場で準決勝を全校応援しましたが、2回目の甲子園にはなりませんでした。

 

昭和51年に酒田大火がありました🔥翌年の春に酒田東、夏に母校が甲子園に出ました。復興に役立ったと思います⚾✨消防団活動にも通じます。私は野球をやらなくて後悔しています。だからこそ消防団に入れて良かったです🚒✨

庄内支部に入れたことも、野球をやらなかった後悔の気持ちが込められています✨母校には将棋部はなかったと記憶しています。

  

母校は既に閉校して、3校と合併して酒田光陵になりました。もし光陵が甲子園に出れば、出場回数はリセットされます。酒田商業は甲子園には出られませんでしたが、強豪でした。工業や商業の伝統が合わさってパワーアップしたと思います⚾✨

光陵の試合を見たことがありますが、当然のことながら校歌も校旗も変わって、母校とは思えませんでした。間違いなく母校の流れを汲んでいます。光陵の甲子園出場に期待します⚾✨

最後の写真は母校の正門と正門から撮ったあざみ坂です🏫

Tooru_W

 

 




あつみ温泉将棋大会に参加しよう!

さて今年も恒例となりましたあつみ温泉将棋大会を7/1(日)に開催いたします。
初心者の方から熟練者の方まで幅広い層からの御参加をお待ちしております。
また他の支部の方との親睦もかねて前日より宿泊も可能です。
そして参加者にはもれなく参加賞、さらに成績上位者には豪華賞品が用意されています。

あつみ温泉将棋大会は1950年代から2000年代まで50回ほど行われましたが運営団体がいなくなり消滅しました。それを庄内支部が復活させた大会になります。

あつみ温泉の歴史は古く約1300年前に開湯したといわれています。温海川の川底から湧き出た温泉が日本海を温かくしていたことから温海と命名されました。もともとは「温海温泉」と漢字表記されていましたが難読な為に現在では「あつみ温泉」の表記が主流になっています。

あつみ温泉は歴代の庄内藩主が入湯を楽しみ湯治場として栄えてきました。約260年前から始まった名物の朝市は湯治客が宿泊の間に食材を用意するために利用され現在まで続いています。昨年は地元産の野菜・名産品、ホンマ農園さんの珍しい柄の朝顔などが販売されていました。

そのあつみ温泉に立ち並ぶ旅館の一つ、ホテル温海荘は温泉創業350年、木造3階建の和風旅館です。ゆったり素朴なときの流れを楽しめます。
温泉は源泉かけ流しの湯で飲むことも出来ます。旬の山の幸と新鮮な海の幸をふんだんに使った料理が提供されます。

あつみ温泉街を貫流する温海川は、上流の温海川ダムが完成するまでは再三の出水により氾濫を繰り返し流域に多くの被害を及ぼして来ました。現在は日本海に注ぐ情緒豊かな川です。7/1から鮎釣りが解禁になりますので釣り人の姿も確認できるかも知れません。

また3箇所に無料の足湯が設置されているので疲れたときに足を休めるのにもいいでしょう。




庄内弁は選手へのオモイダマ

アランマーレに県内出身選手が少ないことに驚かれます。私もそうでした。創設時の3年前は2人で、今年4月から1人になりました。戦力を集めるとなると、どうしてもこうなります。それ故、チーム内の会話は標準語です。でも、どの選手も庄内を愛しています。チーム方針として地域活動に力を入れています。小学生への食育やバレーボール教室、ファンと交流できるイベント、祭りへの参加などです。

しかしながら、おらほのチームなのに標準語にはどうしても違和感を感じずにいられません。そこで考えたのが「庄内弁作戦」です。練習や試合を終えた選手への労いや激励、イベントでの交流で庄内弁を使うのです。当たり前のように使っている庄内弁ですが、温かみを感じることがあります。県外出身者なら尚のことでしょう✨

SNSにアランマーレのことを書く場合、 #庄内弁は選手へのオモイダマ というハッシュタグを付けています。「オモイダマ」は関ジャニ∞の歌ですが、スポーツ(高校野球)のイメージソングなのでピッタリだと思います🏐🎤

三川町民体育館によく練習見学に行きますが、かつて全国方言大会のあった場所なので庄内弁作戦にピッタリです!

国体記念体育館の小アリーナでも練習が行われています。ファンタでとある棋士を思い浮かべます!メインアリーナではホームゲームが行われます🏐

ト一屋のうち、みずほ通り店・新橋店・高見台店ではアランマーレ水の販売をしています。みずほ通り店では期間限定でユニフォームの展示をしています。背番号の上は「SAKATA」ですが、11番は森寿実子選手の背番号です。鹿児島市出身です。

みずほ通り店では、私の街さかたの配布をしています。私は庄内町民ですが、市外の人間にとっては嬉しいです✨アランマーレのコーナーもあります🏐

地域密着型のチームで、市役所や地元企業のサポートがしっかりしていて、チームと地域は持ちつ持たれつという感じがします✨

アランマーレ水は錦町将棋教室のお供です✨

7月6日(金)から8日(日)までVサマーリーグが国体記念体育館で行われます🏐ホストチーム、ホストタウンとして負けられない戦いです!練習見学に出来るだけ行って、庄内弁作戦を強化します📣愛する酒田のために、戦えおらほのアランマーレ✊‼

Tooru_W

 

 

 




りゅうおうのおしごと!

以前から電化製品の実際の消費電力を調べられるクランプメーターという製品が気になっていてネットでチェックしていたが値段が高いので手を出せずにいました。家庭にも冷蔵庫、パソコンなど消費電力が気になる物はあります。そして何よりWEBサーバーは24時間365日起動させてるので消費電力が気になるところ。という訳で秋葉原に行ったついでに思い切ってクランプメーター買う事にしました。買ったのはHIOKIの3280-10Fというモデルで秋葉原ラジオセンターで7980円。ラジオセンターは秋葉原駅高架下の電器パーツ店が露店のように並んでいる怪しげな場所でさすがにそこで写真を撮る勇気はなかったw クランプメーターは業務用なので値段は高く中には10万位するものもあります。今回買ったのは安いほうです。とはいっても7980円は自分の中では大きい金額なので悩みました。しかし家庭内電化製品の正確な消費電力を知れば適切な節約ができますしランニングコストは他の何よりも大きいと考え今回一時的な出費には目をつぶりました。

左のクワガタのような機器がクランプメーター、右は100円ショップで買った普通の延長ケーブルです。交流を計測するときに延長ケーブルを加工してクランプメーターと合わせて使います。

あと秋葉原に来た目的は「りゅうおうのおしごと!」グッズを買うことです。「りゅうおうのおしごと!」はラノベを4巻まで持っていたがそれ以降は買っていなかった。理由は自分でもよく分かりませんが「JS」などついていけない部分があったのとw、女流棋士を目指す桂香さんが退会間際に番外戦術してしまう話とかが自分的に重過ぎたからかも知れない。また続きを読んでみたくなったので一息ついたら5巻以降も買うつもりです。

秋葉原は久しぶりだしブラブラ歩いて怪しげなグッズを見るだけでも楽しい。外国人の方が以前より増えている気がします。

アニメイトの看板が見づらく2、3回、店の前を素通りしていたと思う。

9点お買い上げです。買い過ぎた気はしましたがお土産用なのでOKです。

別の店の壁に貼ってあったあいちゃんフィギアのポスターです。


名古屋にも足を運びました。で、試しに名古屋のアニメイトにも入ってみると…。
秋葉原のアニメイトよりも種類が多い!

2点お買い上げナゴ! ブロマイド(全10種より1枚選択)がもらえたナゴ!無難に①番のあいちゃんにしたナゴ…!

eiju




鶴岡からのNHKのど自慢

4月8日のNHKのど自慢は、荘銀タクト鶴岡からの生放送でした。応募方法は往復はがきですが、600通もの応募がありました。予選会に出られるのは250組です。観覧と違って抽選ではありません。書類選考をします。はがきの内容で選ぶわけですが、曲に対する思いが伝わるかどうかです📮✒

  

細川たかしがゲストでしたが、持ち歌を歌った出場者が歌詞を間違え、それを指摘したのに自分も歌詞を間違えるハプニングがありました(笑)ネットで話題になっています💻📱

細川さんと小田切アナの間に中学生の女の子がいます。合格して流した涙は感動的でした🎤

 

怒髪天も沸かせました🎤鐘は2つでした。小田切アナから「とても水産試験場で研究しているように見えない」と突っ込まれました(笑)こういうのがのど自慢の醍醐味です!

 

毎年山形県内のどこかしらでありますが、どうしても内陸が多くなります。庄内での開催は平成16年の酒田希望ホール以来14年ぶり、鶴岡市での開催は平成8年の藤島体育館以来22年ぶり、合併前の旧鶴岡市では昭和56年に建て替え前の市文化会館以来37年ぶりです!
昭和53年に建て替え前の酒田市民会館でありましたが、内藤國雄九段がゲストで出演しました。過去の放送については、NHKクロニクスから検索出来ます🔎
のど自慢は昭和21年放送開始で、70年以上続いている長寿番組です。日曜お昼に欠かせない存在ですよね!オープニングの音楽は和みます🍵チューブラーベルの音はいいですね🎶単なる視聴者参加型の歌番組ではなく、地域おこしにも一役買っています🌾

 

東田川文化記念館内の旧東田川郡役所に藤島開催の写真があります。ゲストは鳥羽一郎と田川寿美、司会は宮川泰夫アナでした。

最後になりますが、昨年末に支部のメンバーとカラオケをしました🎤私は92点でしたが、のど自慢に出られる代物ではありません😅(笑)

Tooru_W

 




1 / 212